歯科の評判

歯科選びが大変だということはよくわかっていただけたかと思います。
その理由としてやはり歯科医が多いということがあるかと思いますが、現在日本にどのくらいの歯科があるかご存知でしょうか。
その数なんと65,000件以上あると言われています。
いまいちピンと来ないかと思いますが、私たちの生活で最も身近で最も多くあるように感じているコンビニエンスストア、それでも日本全国に40,000件ほどです。
どれほどに歯科医が多いのかということがお分かりになるでしょう。
その中から自分が選ぶときに、もちろん前述した「治療方針の説明がある」「衛生面がしっかりとしている」「金額が明確」というのは大前提です。
しかしこれは実際に自分が診療に行って初めてわかることです。
残念ながら初めての歯科を選ぶときには、評判、これが最も参考になっているでしょう。
抜歯をしてきた、という友人にその歯医者の評判を聞いたり、ということが多いのではないでしょうか。
それでは多くの人が耳にする歯医者の評判というのを挙げてみましょう。
・先生が優しい。
・駐車場が入りやすい。
・先生が多い。
・きれいな場所だった。
・立地がいい。
・診察時間が短い。
・診察期間が短い。
こんなところではないでしょうか。
よくこの内容を見てみてください。
客観的な感想が多くなり、その歯科医師の技術に関すること、それにはあまり触れない、というよりもわからないというのがあるでしょう。
評判とは残念ながらそのようなものなのです。
そして同じ歯科で治療を受けた人でもその感想は千差万別です。
痛かったという人もいるでしょうし、痛くなかったという人もいるでしょう。
同じ痛みであっても感じ方が違うということもありますし、また麻酔の効きがよい人悪い人ということもあります。
技術面をしっかりと判断できるかといえば患者である素人としては難しいものです。
そのため評判はあまりあてにするものではないということは多くの場合に言えるものです。
もちろんよい医者選びに関してのことであり、この歯科だけは避けたほうがいいという明確な理由がある場合にはあえてそこに行く必要はないでしょう。
例えば院内感染が起こった歯医者であれば、衛生管理は非常に心配でありそのことを考えても避けておくことをお勧めします。
ほかにも、治療中に怪我をしてしまうということはないことではありません。
麻酔が効いている状態ではわからないものですが、歯を削るためのドリルが口内にあたってしまい穴が開くということもあるのです。
当然それは歯科医も歯科衛生士も気が付かないことはないでしょう。
気が付いていないのは麻酔が効いている患者だけです。
そのことを放置するような歯科医であれば避けたほうが安心です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.