歯科医選びの金額面

歯科選びの時に、気にかかるのは金額もあります。
歯科診療の金額というのは素人には全くわからない分野です。
そのため、会計時に伝えられた金額をそのまま受け入れることになるのが一般的でしょう。
しかしそれは、治療方針の説明を受けてどのような治療になるのか、金額はどのくらいになるのかということの説明を受けて承諾したものであることが大事です。
歯科診療の中に多くあるのは虫歯の治療ですが、そのかぶせ物や差し歯には種類がありますので自費のものばかりを進めてくるような歯医者は信用なりません。
その理由の説明があり、金額の説明があり、そして保険適用となる差し歯やかぶせ物との違い、それを症例写真付きで説明してもらう、それは一般的なことだということを覚えておきましょう。
実は自費診療は金儲けとも言われています。
そのことを考えると執拗に自費治療を進めてくるのは信用なりません。
もちろん納得のいく説明があってのことですし、さらには保険適用差し歯やかぶせ物という選択肢もある中の自費治療なのかということを確認することが必要です。
それでは差し歯やかぶせ物にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
保険適用となるものはレジンと銀歯、と覚えておきましょう。
レジンというのは簡単に言うとプラスチックということになります。
そのため金額としても高額ではなく保険適用となりますので銀歯であっても治療に5,000円まではかかりません。
レジンにも二つの種類があり、硬質レジンジャケット冠と、硬質レジン前装冠があります。
抜歯した場所ではなく、自分の歯を治療したうえでかぶせるということになりますが、前歯に銀歯を持ってくることはないでしょう。
かみ合わせの強さから考えても硬い銀歯は奥歯に使用することになります。
そしてレジンはプラスチックになりますので色合いが自然ではないという欠点はあります。
そして長い年月の使用により変色してきます。
ところがこれも、症例写真を見せてもらえば、非常に自然に作り上げている歯科医もいますのでレジンがだめだとは一概に言うことはできません。
保険適用外となる自費のものとなるととても高額になります。
何十万円単位となりますのでこれは必ず事前に説明をもらわなくてはなりません。
確かに自然になるものもあり、もっとも自然なものはジルコニアクラウンになりますが、それ以外のオールセラミック冠であっても歯科医の腕によっては自然に仕上がることもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.