衛生面管理について

歯科選びのポイントに、衛生管理というのは外すことができません。
何年も前にはなりますが社会問題にもなりました。
歯科医で使用器具を使いまわしていたために院内感染が起こったという事件です。
歯周病が感染していったこともありました。
これによって歯医者に対する世間の目は大きく変わりました。
どのように衛生管理を行うべきなのかということを連日メディアやニュースで取り上げていたからです。
そのため多くの人がどのように衛生管理が行われているのが適切なのかということを知る機会にもなりました。
当然歯科の衛生管理についてはそれまで全く不明だった、もしくは口に入れる器具だからこそ当然しっかり行われているだろうということをイメージとして持っていたということもあるでしょう。
それでは改めてどのような衛生管理がされていることが適切なのかということを見ていきましょう。
まずは、器具の滅菌というのは当然のことです。
そのため、治療が終わった器具はその治療完了後に間違いなく滅菌するために元の位置に戻す、ということはありません。
確実に滅菌処理を行っているのであれば患者の胸の上あたりに位置する銀皿に戻す音は聞こえないでしょう。
その治療の中で何度か使う器具であったとしても、治療が完了し診察台から降りるときには器具が少なくなっているものです。
そしてうがいをするときに使用するコップ、これはもちろん使い捨ての紙コップになっているでしょう。
口の中にトラブルがあって訪れるのが歯科です。
そのため、その口に直接つけるようなコップを共有するようなことであれば少々疑問を持ってしまいます。
また、患者が胸に当てるエプロン、これも使い捨てを使用していればなお安心です。
歯を削るような治療をすると歯の削りカスが飛び散ります。
唾液も仕方のないことでしょう。
それが付着するエプロンになりますので使い捨てであることは安心ができます。
さて、意外に見落としがちでありながら、気が付いてしまったら一番心配な点、それは歯科医師や歯科衛生士が素手ということです。
衛生面に気を付けるのであればゴム手袋の着用は必須です。
手を消毒したかどうかということは一切関係ありません。
ほかの患者を治療した手である、ということだけでもありません。
その歯科医師や歯科衛生士の手に傷があった場合、お互いの傷口から感染するということも考えられないことではありません。
衛生面にしっかりと注意を払っている、それは歯科であれば最低限行っておかなければならないことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.