治療方針や方法の説明が大切

歯科を選ぶときにはサービスや設備面だけではなく、実際にその歯医者がどのように対応してくれるのか、どのような診察をしてくれるのかということは大事なことになります。
それではまずは「治療方針や方法の説明」についてみていきましょう。
歯科に限らず、どの病院でも同じことではありますが、患者はその診察の方法に種類がどのくらいあるのかということを知りません。
例えば虫歯の治療を一つとっても、それを削ることが正解なのか、かぶせ物をすることが正解なのか、それすら全くわからないまま治療をお願いすることになります。
そのためどのような治療をどのような方針で行っていくのか、ということの説明があるのかどうか、それを判断基準の一つにしてもらいたいものです。
歯科での治療には自費治療となるものが非常に多く存在します。
説明がないままに高額になっているという場合には自費治療となっていることも考えられますのでこの点は気をつけなくてはなりません。
「治療方針の説明がない歯科医は避けること」、歯科医は例え抜歯であっても、その方法やその後の治療などすべてを詳細に患者に伝えることは当然のことです。
そのことを怠っている歯科医は信用はできません。
歯というのはとても大事なものです。
人の顔の印象を大きく左右するものになります。
抜歯後の義歯、もしくは虫歯治療後のかぶせ物、これらにはどのようなものを使用するのかということを症例写真も合わせて見せてもらうことが必要です。
保険が適用となるか自費なのか、それによってもかぶせ物や差し歯の種類が変わってきます。
そしてその歯科で対応している種類も変わってきます。
事前に自分でも知識として入れておく必要はありますが、その詳細を症例写真とともに教えてくれるような歯科でなければ心配です。
特に保険適用となる差し歯やかぶせ物を前歯に使用するのは必ず症例写真を見せてもらいましょう。
多くの場合にはそれは見た目によくない可能性があります。
保険がききますので安くはなりますが、やはり自然な感じということにはなりません。
反面、自費治療となると非常に高額にはなりますが、特にジルコニアクラウンとなれば両隣に並ぶ自分の歯と何ら遜色のない仕上がりになることができます。
それも症例写真がなくてはわからないものです。
一番大事なことは、治療方針と方法の説明、これだけは忘れないようにしましょう。
説明長いまま治療が始まるようであれば思い切って聞いてみることも必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.