歯科のサービスとは

どのような治療なのかということによっても歯科の種類は変わってきますので、もちろんその都度適切な歯科を選ぶことは必要です。
口腔外科や、矯正歯科などのことも知識として入れておけばいざというときにも安心でしょう。
しかし、歯科というのは非常に多く存在しています。
地方であってもそれは変わりません。
自分の生活圏内だけでも数件の歯科はあるでしょう。
それほどに多い歯科の中から、どのような歯科を選ぶのかということは重要な問題になります。
もちろん歯科医師の技術がよければそれに越したことはありませんが、現在はそれ以外にも設備の整った歯科が多くなってきています。
それでは、現在の歯科にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
まずは診療時間です。
今までであれば治療のために仕事や学校を休んだり時間を空けたりする必要がありました。
それは多くの人が学校や仕事に行っている時間が診療時間と重なっているからです。
平日の9時ころから17時ころまでの診察、これは歯科だけではなくどの病院でも基本的な時間ではありますが、これでは歯の治療は病気とは異なるため仕事や学校を休む必要があるかといえばそうではない場合が多いでしょう。
そうなるとやはり優先すべきは仕事や学校ということに落ち着くものです。
そのようなことから現在増えてきているのは休日診療や夜間診療に対応している歯科です。
歯医者といえば待ち時間が長い、それは昔からのイメージでしょう。
子供を連れているとなればなおさらのこと、その時間は飽きてしまうものです。
待合室では静かにしなくてはならないことは承知でも、狭い一つの空間に何時間も子供が黙っていられるかといえばそれは難しいものです。
そのため、完全予約制になっている歯科は多く、予約患者を優先し待ち時間がない診察が行われています。
さらには診察の時間が迫り30分前などになると携帯電話に自動音声の連絡が来るというサービスをしているところもあります。
それであれば近隣で子供と一緒に時間をつぶして待っていることもできるでしょう。
子供といえば、キッズスペースが完備されている歯科も多くなってきました。
キッズスペースがある理由として、待ち時間に遊ぶことができるだけではなく、歯科は怖い、というイメージを取り除く効果もあります。
あそこの歯医者に行けばおもちゃがあるから、そう思えば子供の足取りもそれほどに重いものにならないから不思議なものです。
技術面はさておき、まずは設備面から歯科を見てみるのも一つでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018歯医者嫌いの人の歯科選び.All rights reserved.